赤井らいてう日記

東京インディーギターテックLUCKYSOUND
トリプルファイヤーというバンドでベースも弾く
<< コピーするならampm | main | アキハバラ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
新宿
 ベースの弦を茹でる。
お金が無いのでベースの弦が張り替えられないんです。
「ギター、ベースの弦を熱湯で茹でて張りなおすと新品みたいに復活する」というのは、知ってる人なら知ってる有名な裏ワザ的都市伝説で、実際の効果のほどはどうなのかよくわかりませんが、高校時代からよくやっています。
exジュディマリ恩田、exルナシー真矢などメンバーがおっそろしく豪華だった初期「堂本兄弟」内でexストリートスライダーズ土屋氏が言っていたから多分本当なんだと思います。新品同様とはいかないまでも、弦のすべり具合や音のブライトさはちょっと良くなると思います。

映画を観に新宿に行く。
新宿の映画館は、ここ3年間くらいでガラリと変わってしまったのをみなさんはご存知でしょうか?
その名のとおり新宿にある新宿高校ってところに通い、月5〜8本くらいのペースで映画館に通いつめる友人のいない青春時代を過ごしたおのれにとっては、これはなかなか感慨深いものがあります。
中でも大きいのが、バルト9のオープンと新宿ピカデリーの改装です。シネコン化の流れが、無駄に映画館が乱立する新宿にも入り込んできたのは、とても大きな変化だと思います。
ちょっと歩けばあっちにもこっちにも映画館があって、映画館ごとに独特の雰囲気とスクリーンの大きさとイスの座り心地が楽しめるのが新宿映画館めぐりの楽しみだったとおのれは思うんです。そんな楽しみ方をしていた人が何人いたのかは知りませんけど。でもシネコンって全くその逆じゃないですか。一つの映画館でいろんな映画が見れてしまう、この風情のなさったら。
都会っ子がものすごく失礼なこと言いますけど、シネコンなんて映画館が沢山あってもしょうがない地方に必要なもので、新宿にシネコンは必要ないと思うんです。
あと、チケット買ったときに席を指定するのも大嫌いなんですよ。いつのまにあれは普及したんでしょうか。あれで楽になるのは、客を並ばせたり、暗くなってから空いてる席まで客を案内する手間がなくなる従業員なんですよ。
並ばずに映画が見られるのはいいんですが、入ったことのないスクリーンの大きさもわからない映画館で、いきなり座席表だけ見せられて、どこ座って見ます?って言われてもわからないでしょう。あれが気に食わない!
この流れにあんまり関係なさそうなのが、歌舞伎町地域の映画館たち。ぼろくて、バカでかくて、悠然とした構えです。こっちはいつまでも変わらないでほしいものです。

ということで、果てしない合理化の波に飲まれながらも、見事にすっきりとしたシネコンと変わり果てた新宿ピカデリーへ行きました。洗練されすぎていてびびりました。
改装前のボロッちくも威厳のある佇まいは大好きだったなあ。あと、ここは松竹系の映画館なんですが、地下鉄副都心線の工事でパンテオン渋谷が入っていた東急文化会館がなくなってから、渋谷で松竹系の映画を大きなスクリーンで見られなくなってしまったこともあって、よく通っていました。
大きなスクリーンで見たかった映画、「ナルニア国物語」も「チャーリーとチョコレート工場」も「CASSHERN」も「妖怪大戦争」もここで見ましたね。
で、普通に「崖の上のポニョ」を観たんですが、新宿の映画館について書きすぎたのでポニョについては、また今度書きます。
| 文化 | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:47 | - | - |









http://mpc1000.jugem.jp/trackback/63

PROFILE
profilephoto
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS