赤井らいてう日記

東京インディーギターテックLUCKYSOUND
トリプルファイヤーというバンドでベースも弾く
<< 機材のこと2015~2016前半 | main | さよなら2016 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
機材のこと2016後半

最近は74年ジャズベースをメインで使っています。スタジオもライブもこれ。最近の曲がそんな感じ。
毎度のスタジオで使っていくと、あーしたい、こーしたいというとこが見えてくるのでちびちびと改造しました。

 

バランサーPOTに交換

MONTREUX ( モントルー ) / Inch Balancer pot 250K [1518]


ジャズベースのスタンダードなコントロールは、手元に近い方からフロントピックアップのボリューム、リアピックアップのボリューム、マスタートーンになっていて、2つのピックアップのボリュームを調整して色んな音が出せるというのがジャズベースの特徴です。
両方のボリューム全開にして、そこからフロント/リアどちらかをちょっとしぼると音がグッと太くなって使い勝手がいいので

1.フロント/リアともに全開
2.フロント全開/リアちょっとしぼる
3.フロントちょっとしぼる/リア全開

の3種類を曲によって使い分けていましたが、この操作を1つのノブでできるようになるのでとても楽ちん。


手元に近い方からバランサー、マスターボリューム、マスタートーンになった。マスターボリュームになったことで音を出さなくするときも楽になりました。(ライブ中やスタジオ練習中にクリップチューナーでチューニングする時など)
音を出しながらマスキングテープに設定をバミる。


おそらくアンプ用だと思うのですが、真ん中が0になっていて左右に+1+2…-1-2…となっているノブを千石電商で見つけたのでバランサーのノブに採用、ボリュームとトーンも似たものに揃えました。ツインリバーブについてるようなやつ。

次にフィンガーレストの取り付け
弦を弾く位置によって出てくる音が変わるんですが、そうすると親指をどこに置いて弾くかというのが大事になってきます。いつもはフロントピックアップの上に親指を置いていたけどもう少しブリッジよりのほうが狙った音が出せる…と思ったので親指の置き場所を作ります。
工房にあった木っ端をいい具合に整形します。

ボディ材と合わせてアッシュを使います。

シェラックを塗ってボディの焼けた色に近づけて、両面テープで貼り付けて完成しました。
便利!

4弦以外を弾くときは4弦の上に親指を置きますが、その時も親指側面の置き場として機能します。(弾いてみてから気づいた)

この微妙な違いでも差があります。多分。

無い場合

 

ピック探しの旅
知り合いが「こんなピックあるよ」と教えてくれるのでどんどん試します。安いのでどんどん試せます。
で、試したのがHISTORYのウルテム。他のメーカーのウルテム素材のピック(ジムダンロップのサイのやつ、CLAYTONなど)は手触りがマットでサラサラなんですがHISTORYのはツルツルです。これがMOONのベース用ピックに慣れてきた身にはとても良い。MOONもちょっと大きすぎてコントロールしづらいところもあったので、HISTORYのジャズタイプにしてみる。行動範囲内に島村楽器がないので新宿motionに寄るタイミングでペペに行って買いだめする。

HISTORY HP3H HARD ピック 30枚セット JAZZ型 
また別の人に教えてもらったのがMASTER8というメーカーのモノ。なるほどこれも悪くない。こちらはイケベグランディにあった。


また、MOONの丸っこい先端はとても好感触だったので、これらのピックの先端を丸めてみる。


感覚的な話なのですが、弦へのピックの引っかかり方、摩擦力?のかかり方の要素は、素材表面の感触(ツルツル/ザラザラ)、しなり具合(厚さと素材によって異なる)、先端の形状や角度(尖っている/丸い)などがあると考えています。
この引っかかり方が弾きやすさ弾きにくさに関わってくるのですが、これとは別に出てくるサウンドの好みというのもあります。出てくる音もまた、素材やしなり具合による力の伝わり方や先端の形状で変わってきます。
弾きやすいけど音は好みではない、弾きにくいけど音は良い、などなど。なのでなかなかピック探しの旅は終わりません。自分で加工したりなどもしてしまう。

HISTORYのはツルツルすぎて握っているうちに滑ってくるのでカッターで傷をつけて滑り止めにします。ほんとはこういうことするのはよくないらしいですが。

 

BOSS LS-2
ワンマンライブの時は先述のジャズベースとサンダーバードを使い分けています。今までは自作ループBOXでジャズベにmicro ampの回路をかましてサンダーバードとの音量差を整えていたのですが、音がバキバキになる、ライブ中にしゃがんでトグルスイッチで切り替えるのが面倒という理由で正月にハードオフで買ったBOSS LS-2を使ってみました。
しかしBOSSのバイパス音が気になるのでちょっと改造。電解コンデンサーをちょっといいやつに交換しました。パーツがぎちぎちの基板なので、背の低い電解コンデンサーを使いました。


気休め程度の改善ですが、気分よく使えるようになるための自己満足でいいんです、こういうのは。
A⇔BYPASSモードにしてINPUTにサンダーバード、A RETURNにジャズベを繋ぎ緑のボリュームでジャズベの音量を整えます。音も悪くないというか、micro amp回路より自然に音量が上げられると思ったので採用に。


足元にBOSSを並べる日が来るとは、と思いましたが踏みやすい。本当に踏みやすい。

ベース1本しか使わない時も、AループにQ-tronかましてBのセンドをチューナーアウトにすればもうPLUTOくんが必要ないんじゃないか?と思ってきました。

| 音楽 | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:50 | - | - |









http://mpc1000.jugem.jp/trackback/462

PROFILE
profilephoto
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS