赤井らいてう日記

東京インディーギターテックLUCKYSOUND
トリプルファイヤーというバンドでベースも弾く
<< ONGAKU music (この記事はiPod同期中に書かれています) | main | なごり雪は海へたどり着き 彼女のため息に変わる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
コーヤコーヤ星より愛をこめて
 2009年ドラえもん映画情報公開の金曜日が、なぜライブとかぶってしまったのか!
来年のドラ映画は、今年の映画の最後に出てきたチャミーからも察することはできましたが、やはり「宇宙開拓史」のリメイク版です。

公式サイト

脚本は「新・魔界大冒険」と同じ人ですね。
やっぱりオリジナル作品は作れない、ということを今年の「緑の巨人伝」で証明してしまったんでしょうか?
おのれも含め、昔の声優さんと画のタッチの作品を通っている人たちにはリメイクも新鮮で楽しいのですが、とっくに大人になってしまった長年のファンたちに媚びすぎて、本来楽しむべき子供たちが置き去りにされている気がしてなりません。「緑の巨人伝」も多少わかりにくい内容でしたし。
あんまし関係ないですけど「緑の巨人伝」はジブリのパクリが甚だしいので、見ていない方は一度見てみてください。
もとの「宇宙開拓史」も大好きなのでリメイク版を見て、もとのやつを見るきっかけになったらそれもいいことなんですけどね。ZAZEN BOYS聴いてからnumber girl聴きはじめるみたいな。

数あるドラ映画の中でも、2番目に好きな「宇宙開拓史」が(ちなみに1番は「アニマル惑星」、3番は「鉄人兵団」)どのようにリメイクされるのか、今からとても楽しみです。予告ムービーも見ました。
しかしチャミーの目が気になります。声優が変わってからのアニメ「ドラえもん」(いわゆる「わさドラ」)は、それまでのTVアニメのデザインから、原作コミックのデザインに近づいていきました。最たるものは、ジャイアンの目と野比家の間取りなんですが、リメイク版のチャミーの目も原作コミックスのタッチに近いようです。はっきりいって、これはかわいくない!ここはリメイクしないでくれ!
「宇宙開拓史」の難点は、のび太とドラえもんばかり出てきてジャイアン、スネ夫、しずかの3人があんまり活躍できていないところなんですが、これはどのように変わっているんでしょうか。
コーヤコーヤ星は夜になると、青い月と赤い月が同時に出て地上は紫色に染まります。これはリメイク版でもフィーチャーされるみたいですね。
ああ、楽しみ!もうこれからずっとリメイクでいいんじゃないでしょうか。

こっちはいいとして、鴻上尚史脚本・演出の「アニマル惑星」って、どうなんだろう…。ちょっと見てみたいような、全然見たくないような。毎年やってる映画はいいとして、これはなぜこのタイミングなのか。
そしてしずかちゃんが、すほうれいこって。
| 文化 | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:47 | - | - |









http://mpc1000.jugem.jp/trackback/45

PROFILE
profilephoto
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS