赤井らいてう日記

東京インディーギターテックLUCKYSOUND
トリプルファイヤーというバンドでベースも弾く
<< ジャグマスターの改造 | main | 修理料金 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
エフェクターボード更新
 久しぶりにエフェクターを買いました。

昔使ってた74年ジャズベースをまたGRINCHで使ってみようということになり、久々にジャズベでスタジオに入りました。サンダーバードはアンプ直でも音が作りやすいのですが、いかんせんそれに慣れてしまうと、シングルコイルの普通のジャズベでどうしたらいいか分からない!ということになり、プリアンプを買おうと思い立ったわけです。
日頃から、音作りはアンプと手元だ!とか言いまくってはいるんですが、自分のジャズベを使っているときにアンプだけではどうにもコントロールできないのが、ボーカルと被りそうなジャリッとした高域と、サンダーバードだとほっといても勝手に出てくれているロウミッドあたりの迫力のある部分なんですね。

で、楽器屋さんでいろいろと試してみました。こんなの久しぶりです。
と言ってもド定番のSANSAMP BASS DRIVER DIは、もう何年も前に使いこなせなくてcarpoolのともまつ氏にあげちゃったのでスルー。
歪ませないで、音をグッと太くしたりする用途でも使えるんでしょうけどね。


で、まず試したのは MXR M-80 bass d.i.+



これもなかなか定番品ってイメージが付いてきた気がしますね。よく使っている人を見かけます。身の回りだとotoriのミヤタくんとか。
楽器屋さんではサンダーバードで試したんですが、クリーンチャンネルは、とても分かりやすい効きかたのEQでした。いじりやすい音にして、そこから好みに微調整という親切な感じ。
ディストーションは、あまり歪みには造詣が深くないんですがBOSSのODBみたいなジュワー系の歪みという印象を受けました。これは使う機会がなさそうです。まあ、持ってれば選択肢の一つにはなるかもしれないかな、いや、やっぱ使わないかな。

あと、やはりMXRは値段の設定が絶妙だといつも思います。安物なのかな?って不安にもならず、手が届かない!ってほど高級な値段でもなく、「この機能でこの値段なら納得!むしろちょっと安いくらいじゃない?」ってラインをしっかり突いてきます。

その次に試したのが XOTIC Bass RC booster



プリアンプってくらいだからBass BB preampの方を試そうとしたら、楽器屋の店員さんに「プリアンプをお探しですか?BBはけっこう歪んじゃうのでこっちの方が合うと思いますよ」と言われたのでRCを試しました。
ギター用のRCやBBはけっこうみなさん使ってて、かますだけで「それなり」になる便利なペダルだというイメージがありましたが、ベースもまた然りって感じです。元の竿の持ち味を殺さずに、いい音にしてくれます。
それを「便利じゃん!」て思える人と「つまんね」と思う人がいると思うんですが、僕はどちらかというと後者です。

同時に、これも試しました。EWS Tri-logic BASS Preamp2


これも自然に扱いやすい音にしてくれる印象でした。側面のMIDの切り替えスイッチがさらに良し。ロウミッド大好きなおのれとしては「ここ!ここだよ!」ってなります。
あと、RCもそうですが、GAINとVOLUMEがあるのがとてもありがたい。MXRにはVOLUMEしかありません。ここの設定で、アクティブ臭さみたいなものをコントロールできると考えています。
あと、名前もなんかいい。

ということで、サイズ、値段、機能で考えてEWSに決定。サウンドハウスの方が安いけど、すぐスタジオで試したかったので楽器屋で買いました。

スタジオで使ったあと、早速ボードに収めました。
EWS Tri-logic からPLUTOくんに入って、アンプへ繋がります。そのほかの詳細はこちらの過去の記事を参照ください。
| エフェクター/楽器 | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:13 | - | - |









http://mpc1000.jugem.jp/trackback/405

PROFILE
profilephoto
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS