赤井らいてう日記

東京インディーギターテックLUCKYSOUND
トリプルファイヤーというバンドでベースも弾く
<< ジャズマスター改造 ゲスマスター | main | さよなら2011 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
山口さんちのテレキャス
 灰緑の山口さんからギター修理の依頼がありました。

知ってますか、灰緑って最高のバンド、知ってますか。


で、このテレキャス。


USAで積み木みたいな塗装なので、おそらくhighway1シリーズだと思います。
ライブ見に行けば一発でわかるんですが、とにかく山口さんは汗っかきなので錆がものすごい。ピックガードネジも全部交換することになりました。
ブリッジもガビガビです。


コレもいつものように愛情こめてお掃除。

まあまあマシになったかなと。

で、フロントの音がとても小さいとのことでチェックしてみたら、音は出るけどテスターで計ると直流抵抗が出ず。コイルが中のほうで断線しているようです。なので交換することになりました。
VOLのPOTもおそらく汗で回転が悪くなっていたので、こちらも交換。

ピックアップはなんでもいいとのことだったので、セイモアダンカンのSTR-1にしました。

ネックもいろいろと難あり。フレットのへこみが結構甚大なのと、ナットも減っていて開放弦がペタペタいってるので、フレットすり合わせとナット交換。


で、音を出してみると、交換したフロントピックアップカバーを触るたびにジーというノイズがあったので開けてみた。
テレキャスのフロントピックアップは黒い線と金属のピックアップカバーがもとから半田付けされてます。通常では、こちらをアースに落とすわけですが、フロントピックアップを交換する際にピックアップの位相を調べたらもともと付いてたリアと逆だったので、黒線の方をHOTにして繋げたんです。なので、ピックアップカバーがHOTになってしまったということ。
ピックアップカバーをアースに落とすために黒線とくっついていたのを切り、一本線を追加しました。
説明は伝わっているのか不安ですが、こうなりました。

テレキャスのピックアップを交換するときは気をつける点が多いですね。

最後に、ジャックプレートもレスポールタイプに交換。ぶれました、すいません。


灰緑は11月に2本、とてもおもしろそうなライブやるみたいです。
しかも高野っちのゲスマスターもついでに見れるから、LUCKYSOUNDのいじったギターが見たい人はオススメですね!
詳しくはハイミドリ呆送局 へ。
| 修理 | 01:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:25 | - | - |









http://mpc1000.jugem.jp/trackback/389

PROFILE
profilephoto
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS