赤井らいてう日記

東京インディーギターテックLUCKYSOUND
トリプルファイヤーというバンドでベースも弾く
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
秋葉原隠蔽
 今日も今日とて、秋葉原をうろうろする。
ありがたいことに自作エフェクターの依頼がどんどん入ってくるので雨もへっちゃらです。相変わらずボランティア且つ自転車操業です。すっごく楽しいけどね!

3000円出して買ったCDが200円で売られているように、500円で買ったマンガが30円でしか買い取ってもらえないように、モノの値段と言うものはやはりよくわからない。
自作エフェクターに関しても、これは同じ。
それでも、少しでも損をしないように、今日もネット通販とリアル店舗のはざまをさまよい、頭の中では自宅への送料と振り込み手数料と、自宅からの往復電車賃とのせめぎあいが静かに行われている。全く同じものが、三軒先のお店だと100円くらい安かったりする。ネットのエフェクター部品通販サイトもこれは同じことだ。
それより何よりわからないのは、これから作ろうとしてる自作エフェクターは、本物の新品を買おうとすると自作の10倍のお金がかかるということだ。

んで、そのあとはグッドマンにライブを見に行く。あ、その前にすぐ隣りのベースステーションでリッケンバッカーを徒然に試奏する。なんとも粋な音がする。そしてハイポジションが弾きやすいのですぐ手が伸びる。「あら、こんなところでもう12フレットなの?」という、ぼーっとしてたら意外と長い距離歩いていたみたいな錯覚を起こさせる罪作りなボディシェイプが憎い!確信犯である。

グッドマンにfujicoという、あっちこっちから音の飛び交うギャルバンを観に行った。
聴いてみよう→ fujico myspace
おのれの作ったゲルマニウムのTONEBENDERも踏んづけてもらっているようす。
やっぱ女のベースは、ずるい。何考えてんだかわからない。
| ギャルバン | 02:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
秋葉原箱毛布扁平足
 知り合いのバンドが対バンするというので秋葉原まで観に行く。知り合いのバンドはたくさん観に行きたいが、ドリンク代と交通費がかさむ。バンドに対してはお金払ってもいいがライブハウスには金を払いたくないとか思ってしまうので、まとめて観るのだ。
一度ここにも書いたはこモーフと、宙に浮いた扁平足というバンドである。聴いたことのない方は聴いてみよう。

はこモーフmyspace

宙に浮いた扁平足myspace

対バンの未完成vs新世界とゆうバンドがえらくかっこよかった。北海道のバンドらしい。歌もので適度に暑苦しくてスジの通ったバンドだった。名前もかっこいい。さすがブッチャーズとBAZRAを生んだ北の大地。
いいライブを見るとやる気が出る。明日も明後日もスタジオだ。

んで、宙に浮いた扁平足のベースと、これまた知人のバンド、ヤサグレーズのドラムと一緒にni-hao!という素っ頓狂なバンドのコピーをすることになった。こんな感じのバンド。

こんな自分でもyoutubeが貼れるようになったよ。
今日もまた飽きもせずギャルバンが好きだという話です。

今日読んだマンガ
岡崎京子「うたかたの日々」
この人のマンガは、有名なやつなら大体持っている。「東京ガールズブラボー」は持ってない。
これとか「ヘルタースケルター」とかのような、後期のタッチのほうが好き。
| ギャルバン | 00:34 | comments(2) | trackbacks(0) |
告知、そして脱線

 トリプルファイヤーはここ二週間で3本もライブをやって、なんだかへとへとなんですが、まわりにはもっと速いペースでライブやっている人が沢山いるみたいです。
ライブ観に来てくれた方、本当にありがとうございます。まだまだライブするのでヒマでお金があるときは是非観に来てください。
もっとスムースに告知する流れを作り出したいところ。

6月26日(木)  高円寺CLUB LINER 「CLUBLINER 3ndAnniversarySPECIAL!!!」 
open/start  18:30/19:00
対バンさん  テツコ/CITTY/長坂雅司(ex. chiki sounds)/ひらくドア
トリプルファイヤーは2バンド目、19:35からの出演です

7月2日 (水)  秋葉原CLUB GOODMAN  
open/start  18:00/18:30
対バンさん  カミヒカルス/paradoxa/Luie/EMPEROR
トリプルファイヤーは5バンド目です

よく、これから対バンするバンドを事前にインターネットで検索してホームページ見つけて試聴したりしちゃうんですが、意外とこれやってるバンドマンは多いはず。対バンの人としゃべってみるとけっこういた。とすると、もしかしたらこのブログも、これから対バンする誰かに読んでもらっているかもしれない。
どうやら対バンにギャルバンさんがけっこういるみたいで楽しみ。やってる人たちがギャルバンと思ってやっているかどうかはわからないんですけど。
都内ライブハウスで活動するバンド数の中でギャルバンが占める割合はどれくらいなんでしょうか?
なんてどうしようもないことを考えつつ、堂に入ったギャルバンをしているエレクトリックトイズをここにリンクしておきます。なんかすごいです。上手いです。友人のバンドヤサグレーズと対バンしていた。

| ギャルバン | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
キラリズム

POP CHOCOLATのライブイベント、「キラリズムvol.2」を観に下北沢CLUB Queに行ってきました。
呼ぶバンドが何故か自分のツボを突いてくるのです。
今回は、wafflesステンレストルネード竜巻でした。ステンレスは聴いたことありませんでしたが、wafflesもトルネード竜巻もPOP CHOCOLATも、ここ1、2年で聴き始めた、というかハマった女ボーカルバンドだったのでとても楽しみでした。お金が無くて直前まで行くかどうか悩みましたが、行ってよかったです。教科書が買えなくなりましたが。
ちなみにvol.1では高校生のころから大好きなBAZRAと、貫禄のギャルバンnoodlesを呼んでいました。
さて、1バンド目はwaffles。CDは持っていますがライブで見るのは初めてでした。声がかわいすぎ。一時期憑かれたように聴いていた「orangely」の曲もやっていました。
2バンド目のステンレスの転換中に、いるかなーいるかなーと辺りを見回していたらやっぱりいました。誰かといえば、SLIDERのナカヤマさんです。この人は大学のサークルのはるか先輩の人です。彼のバンド、SLIDERは3月の自主企画でPOP CHOCOLATを呼んでいました。隣にはSuiseiNoboAzのミゾブチさんもいました。
有名なバンドのライブを見に行って「わー、○○ちゃんも来てたんだね!」みたいにして盛り上がっている光景を目の当たりにしては、この人たちはどういうコミュニティなのだろう?といぶかしんでいたのですが、きっとこういうことなんでしょう。
ステンレスのギターボーカルの人の、ミスチル好きそうな歌い方と青いテレキャスターを見ていたら頭の中はナカヤマさんでいっぱいになってしまいました。
3バンド目はトルネード竜巻。上手いし、キーボの曽我さんのMCがキモ面白くて、もうお腹いっぱいになりました。今日出た中で群を抜いて上手かったです。とくにリズム隊。
そして、POP CHOCOLAT。雑誌とかに出てきた当初は3ピースギャルバンで、「チャットモンチーと比べられちゃうんだろうなあ」とか勝手に思いつつCD聴いてみたら「bird」という曲が頭おかしくてちょっと笑ってしまって、ライブを見にいったらジャガーってこんなに大きい楽器だったっけ?ってくらい小さい女の人がエフェクター2個踏みとかやってて、気がついたらベースの人が代わっていて(新しいベースの人のほうが断然上手い!)、キーボでヘルマンの溝田さんがサポートしていて、というのが個人的主観から一息に述べたPOP CHOCOLATです。
なにが面白いって、全員あっちこっちから歌うところと、ギターの足元に沢山エフェクターが並んでいるんだけど最後にトドメのRAT(と勝手に呼んでいる)があって、突然sonic youthのごたるドスの利いた爆音にしてしまうところ。
ギャルバンは演奏力を発想でカバーしてなんぼなのかもしれません。手が小さいんだから仕方が無い。
ということで、4人編成も板についてきていいライブでした。
はやくCD出さないのかしら。
終演後、ナカヤマさんのところに行ったら「(POP CHOCOLATのメンバーが)SuiseiNoboAzの曲歌ってやがった!」とよく分からない嫉妬の炎を燃やしていました。

| ギャルバン | 00:01 | comments(3) | trackbacks(0) |
代々木箱毛布
 はこモーフという3ピースギャルバンドのライブを見に代々木ブーガルに行ってきました。
聴いたこと無い人は、一度聴いてみましょう。はこモーフmyspace
本人たちがどう思っているかは知りませんが、メンバー全員が女性なのでギャルバンと呼んでおきます。
ギターボーカルの竹谷さんはいい曲作ります。軽い天才だと思います。今回最後に演奏した「家庭」という曲はとてもいい曲です。
ギャルバンってずるいな、とよく思うのは、どうやったって自分では出来ないからなのでしょうか。女の子だけでやる、ということがひとつの意味を持ち、ギャルバンという呼称を持っているというのがずるいのでしょうか。
というよりも、女の子たちの、連れだってトイレに行っちゃうような、陰湿なイジメしちゃうような、お昼休みにきゃっきゃするような、あのノリにただ憧れているだけなのかもしれません。面白かったころの「はねるのトびら」で秋山と虻川が女子トイレでやっていた、あのノリに。
対バンのサルパラダイスというバンドがめちゃくちゃかっこよくて、一緒に見に行ったristorante beltorchikaの中里氏とともにメロメロになってしまいました。特にキーボードの人が、スゴ腕かつ平井堅とイルマリを足したようなイケメンという、生きてるのが反則のような方でした。
こりゃ、まだまだ音楽やめられないな、と勘違いしてしまうくらいのパワーをもらいました。

今日聴いた音楽
SUPERCAR「ANSWER」
解散から早3年とちょっと経ったが、いつまでSUPERCARを聴いてしまうのでしょう。
エレクトリックギターの音が良すぎる。「クリーンです!」「歪んでます!」「シングルコイル!」と弦の振動が主張しているような音。そこに乗っかるナカコーの声はとってもSEXYです。
| ギャルバン | 01:38 | comments(0) | trackbacks(0) |

1/1pages


PROFILE
profilephoto
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS